新生まるきぶねスローライフ

FF14&今はSims4&3。  記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.    

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ep17 もう青い鳥は飛ばない 【2】 (オカンシムズ4)


ff14_20160613_11197.jpg

カタカタカタ・・・キーボードを打つ音が聞こえる。

ff14_20160613_11196.jpg

ミキ 「パパ・・・・」

パパ 「ん?なんだい、ミキ」

ff14_20160613_11201.jpg

ミキ 「パパはママのコト、好き?」
ミキ 「なんで、パパはママと結婚したの?」

ff14_20160613_11202.jpg

パパ 「パパはママの事、今でも大好きだし」
パパ 「ママが好きで好きで結婚したんだよ」

パパ 「ママはよく怒るかもしれないけど」
パパ 「そういうのも含めて、パパはママが大好きなんだよ」

ff14_20160613_11200.jpg

ミキ 「パパは・・・ミキのコト好き?」

パパ 「何言ってるんだよ、ミキ。家族だから当たり前じゃないか」


(ねぇ、パパ・・・ママは・・・・ううん、なんでもない)




続きは、Read Moreからドウゾ!








パパ 「・・・・・人魚姫は海に飛び込んで泡になって消えたのでした」
パパ 「おしまい」

ミキ 「ねぇ、パパ。なんで人魚姫は王子様を殺せなかったの?」
ミキ 「殺して血を浴びたら、また人魚に戻れたんでしょ?」

ff14_20160613_11203.jpg

パパ 「でも、人魚姫はそうしなかった。」
パパ 「何故だと思う?」

ミキ 「それは・・・・王子様がとても好きだったから」

ff14_20160613_11211.jpg

パパ 「人魚姫は自分の幸せよりも、王子様の幸せを選んだんだよ」

パパ 「パパはね、時々思うんだ」

パパ 「ミキの人生はミキが自分で決めるんだよ」
パパ 「ママには怒られるかもしれないけど、パパはそう思っているから」

ff14_20160613_11214.jpg

パパは色んな本を読んでくれた。
そして

ff14_20160613_11223.jpg

ピアノもよく聴いてくれた。

ff14_20160613_11224.jpg

ママはピアノを習うコトには反対だったけれど
パパが「ミキがやりたいっていう事はやらせてあげてほしい」って
かなりお願いしてくれたみたいだった。

ff14_20160613_11228.jpg

本当はママも昔ピアノを習ってたんだけど
医者にならなくちゃいけなかったから、
勉強に集中する為にやめちゃったんだよって
あとでパパから聞いた。

ff14_20160613_11229.jpg

(私も医者にならないといけないかなぁ・・・・・)

うまいとかヘタとかそんなコト関係なく
ピアノを弾くのは楽しかった。


でも

ff14_20160613_11175.jpg

・・・・・・ママは相変わらず・・・・・・・・

ff14_20160613_11165.jpg

あの男の人と会っていたみたいだったけど。



自分が悲しかったというより
パパが可哀想だった。

ff14_20160613_11232.jpg

ミキ 「ねぇ、パパ」

パパ 「ん?」

ff14_20160613_11233.jpg

ミキ 「パパはずっとミキのそばにいてくれる?」

ff14_20160613_11234.jpg

パパ 「ずっと、ミキのそばにいるよ」

ミキ 「ほんとうに?」

パパ 「あぁ・・・本当さ」

ミキ 「絶対いなくならないでね、パパ」

ff14_20160613_11235.jpg

パパ 「・・・おやすみ、ミキ」

ff14_20160613_11230.jpg

パパとはよく一緒に寝た気がする。
アタイはパパが本当に大好きだった。

ff14_20160613_11237.jpg

ミキ 「パパ今日は遅かったんだね」

パパ 「あぁ、仕事が忙しくてね」

ff14_20160613_11238.jpg

ミキ 「パパおかえり~」

ff14_20160613_11239.jpg

パパ 「ミキ、明日も早いんだから早く寝ないと」

ミキ 「はーい」


・・・明日はたぶん違う1日


| way of my attitude (Sims4の話)(終) | 11:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT