新生まるきぶねスローライフ

FF14&今はSims4&3。  記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.    

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ep21 もう青い鳥は飛ばない 【6】 (オカンシムズ4)


オアシス・スプリングス スナック傍子(そばこ)



カランッ。

傍子 「あ~ら、いらっしゃ~い」

ff14_20160620_11680.jpg

ヒトシ 「よっ!サクヨシ!」

傍子 「サクヨシじゃないでしょ~?傍子でしょ~?」

ff14_20160620_11682.jpg

傍子 「本名で呼んだらダメ!絶対!禁止!」
傍子 「ぶっ殺すぞ(地声)」

ヒトシ 「はいはい・・・(怖っw)」

ff14_20160620_11683.jpg

ヒトシ 「何で傍子(そばこ)にしたんだ?」
ヒトシ 「自分の名前を別読みにすればよかったんじゃね?」
ヒトシ  「サクラとかさ~?」

ff14_20160620_11685.jpg

傍子 「サクラじゃ普通じゃな~い?インパクトに欠けるっていうか」
傍子 「傍子だと『貴方のお傍に置いて欲しい傍子』って言えるじゃない?」

ff14_20160620_11686.jpg

ヒトシ 「・・・オレの傍には置かないけどな」

傍子 「私だって、もっとイケメンの傍にいたいわ♥」




続きはRead Moreからドウゾ!







ff14_20160620_11689.jpg

ヒトシ 「・・・・ってコトで、今度レキとセージが出て行くコトになったんだけど」

傍子 「ふぅ~ん、あの2人結婚するコトになったのねぇ」

ff14_20160620_11695.jpg

傍子 「で、あの家、アンタだけになるっていう訳?」

ヒトシ 「まぁ、そうなんだけどさ」
ヒトシ 「オレひとりだと、ちょっと広いし」
ヒトシ 「誰か知り合いいないかな?と思ってさ」

ff14_20160620_11696.jpg

傍子 「う~ん・・・・そうねぇ、別に今の所はいないわねぇ」
傍子 「まっ、知り合いのトコで働く人いたら紹介しとくわ」

傍子 「って・・・いうか、さぁ・・・・」

ff14_20160620_11692.jpg

傍子 「アンタが女作れば早いんじゃないの?」
傍子 「女のひとりやふたりくらい、つかまえたらどうなのよ?」

傍子 「昔から自分のコトなんて後回しで」
傍子 「周りに気を使っちゃうんだから」

ff14_20160620_11698.jpg

ヒトシ 「オレは別にいいんだよ」
ヒトシ 「周りの幸せ眺めてる方が楽しいから」

傍子 「・・・そんなコト言ってたら、いつか青い鳥逃がしちゃうわよ」

ff14_20160620_11708.jpg

傍子 「自分の気持ちは素直に言わないと・・・ね」
傍子 「アンタは自分が傷つくのが怖いのよ」

傍子 「いい人になりすぎよ、ヒトシ」

ff14_20160620_11704.jpg

傍子 「そろそろ自分の幸せも考えてみたらどうなのよ?」

ヒトシ 「自分の幸せ・・・ねぇ」
ヒトシ 「オマエだって、自分の幸せを考えたらどうよ?」

ff14_20160620_11706.jpg

傍子 「私はオカマになれただけで十分幸せよ♥」
傍子 「あとは素敵なイケメンさえ居れば・・・ね?」

ff14_20160620_11710.jpg

傍子 「まぁ、いつでも悩みがあったら相談に乗るわよ♥」

傍子 「また、遊びに来て(チュッ)」

傍子 「外、雨降り出したみたいだから、タクシー呼ぼうか?」

ff14_20160609_10967.jpg

ヒトシ 「いや、電車で帰るわ~」

傍子 「あら、そう?気をつけて帰るのよ~」

ff14_20160609_10969.jpg

(・・・・意外と青い鳥は近くにいるかもよ?)

(・・・・アンタが気づいてないだけで・・・・・)



・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ff14_20160421_8530.jpg

(サクヨシには昔から敵わないからなぁ・・・)

(自分の幸せ・・・かぁ・・・)

ff14_20160421_8528.jpg

(・・・・ん?)

ff14_20160421_8529.jpg

(人?幽霊?)

ff14_20160421_8531.jpg

ヒトシ 「・・・・あの~・・・・・・?」

ヒトシ 「もしもし・・・・?」

ff14_20160421_8532.jpg

ヒトシ 「こんな場所でどうしたん?」

ff14_20160421_8533.jpg

ミキ 「・・・・・!!」

ff14_20160421_8534_2016062208310774a.jpg

ヒトシ (・・・・泣いてる?)

ヒトシ 「あのさ・・・」

ff14_20160421_8535.jpg

ヒトシ 「・・・・・!!??」

ミキ 「・・・・っぐすっ・・・うぅ・・・・ぐす・・・」

ff14_20160421_8540.jpg

ミキ 「・・・・ごめん・・・・さ・・・い・・・・・・・」

ミキ 「ごめん・・・・・ごめん・・・・・・なさい・・・・・・」

ff14_20160421_8542.jpg

あの時は、訳がわからなかったけれど
ただ、抱きとめるしかなかった。

ff14_20160421_8546.jpg

ミキはひたすら、泣いてばかりで
「ごめんなさい」を繰り返すばかりで。

ff14_20160421_8547_201606220831589cc.jpg

ヒトシ 「泣くだけ泣いとけ」

ff14_20160421_8549.jpg

雨の中ずぶ濡れで、ひたすら抱きとめるしかなくて。
終電の時間が過ぎても、そのまま。

ff14_20160421_8556.jpg

ヒトシ 「・・・とりあえず・・・屋根ある所に行こうか?」

ミキ 「・・・・・・・・うん・・・ぐすっ・・・」

ff14_20160421_8555.jpg

放っておけなかった。

あんな土砂降りの雨の中で
さすがに放っておけなかった。

ff14_20160421_8553.jpg

(・・・とりあえず、傍子の店に戻ってタクシー呼んでもらうかぁ)

ff14_20160421_8554.jpg



明日はまた新しい1日が始まる。


| way of my attitude (Sims4の話)(終) | 08:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT