新生まるきぶねスローライフ

FF14&今はSims4&3。  記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.    

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ep35 ブルーレコード (オカンシムズ4)


(別に後をつけるつもりはなかったのに・・・)



女性 「もぅっ!アツキ遅すぎぃ~」

アツキ 「ごめん、ごめん」

ff14_20160726_14089.jpg

女性 「昨日ね、超カワイイバッグ見つけたんだよねぇ」
女性 「ソレ買ってくれたら、許してあげるぅ」

ff14_20160726_14090.jpg

女性 「買ってくれるよねぇ~?」

アツキ 「・・・あぁ、わかった」
アツキ 「じゃあ、これから一緒に見に行こうか」

ff14_20160726_14091.jpg

女性 「ホント~?アケミ超嬉しいンだけどぉ~」
女性 「やっぱりアタシ、アツキ超スキかも~!」

ff14_20160726_14086.jpg

(・・・甘ったるい香水の匂いがこっちまで届きそう・・・)

ff14_20160726_14094.jpg

アケミ 「今日ずっと一緒にいてくれるンだよね?」
アケミ 「夜もずっと・・・でしょ?」

アツキ 「あぁ・・・一緒にいるさ」

ff14_20160726_14095.jpg




(大丈夫・・・すぐ戻ってくるわ・・・私の元に)




ff14_20160717_13605.jpg

リリ 「・・・そう、別れたの」
リリ 「カッコイイ男を演じるのもなかなか大変ね」

アツキ 「あぁ・・・」

ff14_20160717_13606_20160728232137526.jpg

リリ 「あなたには私がいるじゃない・・・」

アツキ 「そうだな・・・」

ff14_20160717_13608.jpg

(・・・本当は誰にも渡したくないのよ・・・私は・・・)

(でも・・・待つしか出来ないの・・・・)




続きはRead Moreからドウゾ!








ミキ 「ぷは~っ!」

ff14_20160726_14030.jpg

ミキ 「この一杯に生きてるぅぅぅぅぅ!」

ヒトシ 「一杯どころじゃないけどなぁ・・・」

ミキ 「そんな細かいトコ、ツッコまないっ!」

ff14_20160726_14031.jpg

ヒトシ (これは、完全に酔っ払ってるな・・・)

ミカ 「ミキさん、ちょっとペース速くないですか?」

ミキ 「いぃじゃ~ん!客から貰ったビールだしガンガン行こう!」

ヒトシ 「オマエ・・・飲みすぎ・・・」

ヒトシ (このハイペース・・・これはいつもの悪い癖が・・・)

ミキ 「ヒトシぃぃぃぃぃぃ~!」

ff14_20160726_14037.jpg

ミキ 「アンタ、いい男だよ~!ほんっと、いい男~!」

ミカ 「ちょっ・・・ミキさん!?」

ff14_20160726_14034.jpg

ヒトシ 「ミカちゃん・・・たぶん危険だ・・・」

ミカ 「えっ?」

ミキ 「ミカぁぁぁぁぁぁ~!」

ff14_20160726_14041.jpg

ミキ 「大好きぃぃぃぃ~!」

ミカ 「!!!!」

ff14_20160726_14039.jpg

ヒトシ 「あぁ~・・・・やられたか・・・」

ff14_20160726_14043.jpg

(・・・ったく・・・相変わらずキス魔なんだからなぁ・・・)

ff14_20160726_14029.jpg

ミキ 「あ~ほぉんと!たのしぃぃぃ~!」
ミキ 「めっちゃたのしいぃぃぃ~!」
ミキ 「ホラ、2人とも、まだ飲みが足りないよっ!」

ミカ (ミキさんが飲みすぎなんですよぉ~)
ヒトシ (オマエが飲みすぎなんだよぉ)



・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ff14_20160726_14049.jpg

ミカ 「ミキさん、完全に酔いつぶれてますね」

ヒトシ 「普段、あんなにビール飲まないんだけどな」
ヒトシ 「まぁ、『客から貰った~』とか言ってたから」
ヒトシ 「みんなで飲じゃえ~とでも思ったんだろう」

ff14_20160726_14047.jpg

ミカ 「しかし、ミキさんって酔っ払うとあんなカンジなんですね」
ミカ 「まさかキスされるとは・・・・」

ヒトシ 「あ?あぁ・・・もうさすがに慣れたけど」
ヒトシ 「ミカちゃんはビックリしただろ?」

ff14_20160726_14054.jpg

ミカ 「あ・・・ハイ・・・さすがに」

ヒトシ 「彼氏以外とキスするなんてないからなぁ」

ff14_20160726_14055.jpg

ヒトシ 「よっこらせっと」

ミカ 「ヒトシさん」

ヒトシ 「ん?」

ff14_20160726_14056.jpg

ミカ 「ヒトシさんはミキさんのコトどう思ってるんですか?」

ヒトシ 「普通に好きだけど?」

ミカ 「それは恋愛として?それとも・・・ただの友達として?」

ヒトシ 「そりゃ・・・まぁ・・・」

ff14_20160726_14061.jpg

ミカ 「じゃあ、どうして言わないんですか?好きって・・・」

ヒトシ 「・・・それは、オレが臆病だからさ」

ヒトシ 「オレは、ミキにずっとそばにいて欲しい。笑っていてほしい」
ヒトシ 「オレ自身の好きという気持ちを押し付けたら」
ヒトシ 「もしかしたら今の関係が壊れるかもしれないだろ?」

ff14_20160726_14062.jpg

ミカ 「でも・・・もしミキさんが他の人を選んだら」
ミカ 「ヒトシさんはどうするんですか?」

ヒトシ 「それはその時祝福するだけさ」
ヒトシ 「ミキが幸せになるなら、それでいい」

ff14_20160726_14065.jpg

ミカ 「ヒトシさん、ミキさんを捕まえておかないと後悔しますよ」
ミカ 「絶対、後悔します」

ヒトシ 「ソレ、女の勘っていうヤツ?」

ミカ 「ミキさんだって、きっと・・・・・」

ff14_20160726_14063.jpg

ミカ 「あぁ、ワタシも飲みすぎちゃったのかな・・・」
ミカ 「なんかキツいコト言っちゃった気がする・・・」
ミカ 「ヒトシさん、ごめんなさい」

ヒトシ 「・・・・」

ff14_20160726_14064.jpg

ヒトシ 「とりあえず、ベッドに運んでくるわ」
ヒトシ 「ミカちゃんも二日酔いには気をつけろよ」
ヒトシ 「まぁ、キスのコトは忘れてやってくれ」




ff14_20160726_14066.jpg

ヒトシ 「あ~あぁ~・・・これは完全に熟睡してるな」

ff14_20160726_14067.jpg

ヒトシ 「そりゃ~あれだけ飲んだら・・・」


─── 捕まえておかないと絶対後悔しますよ・・・


ff14_20160726_14069.jpg

(そんなのもう前からわかってるさ・・・)
(他の誰かに言われなくても・・・)

ff14_20160726_14072.jpg

ヒトシ 「・・・・・捕まえておきたいに決まってるだろ・・・」

ff14_20160726_14074.jpg

ヒトシ 「・・・ったく・・・まさかミカちゃんに言われるとは・・・」
ヒトシ 「傍子からだったら、多少は・・・・」

─── 青い鳥は意外と近くにいるかもよ?

ff14_20160726_14075.jpg

ヒトシ 「あぁ・・・・オレも完全に酔ってるな・・・これは」

ff14_20160726_14078.jpg

ヒトシ 「外出て、頭冷やしてくるか~」




きっと明日はいつもの日常。



| way of my attitude (Sims4の話)(終) | 23:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT