新生まるきぶねスローライフ

FF14&今はSims4&3。  記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.    

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ep43 sweet cigarette (オカンシムズ4)


ミカ 「今度クリスマスパーティをするから」
ミカ 「みんな呼んでくれってボブさんが言ってたの」



ミカ 「だから、ユウヤくんもレイナちゃん連れておいでよ~」

ff14_20161019_16731.jpg

ユウヤ 「あっ・・・ハイ。ありがとうございます」

ピッ。

ff14_20161019_16732.jpg

レイナ 「あ・・・ユウヤ、電話中だった?」

ユウヤ 「・・・今終わったトコ」

レイナ 「あのね・・・ユウヤ」

ff14_20161019_16735.jpg

ユウヤ 「何?」

ff14_20161019_16739.jpg

レイナ 「ハヤトくんに、つきあわないかって言われたんだけどさ」




続きはRead Moreからドウゾ!









ユウヤ 「だから?」

ff14_20161019_16741.jpg

レイナ 「どうしたらいいかなぁって・・・」

ユウヤ 「なんでオレに聞くワケ?好きならつきあえばいいじゃん」

レイナ 「ちょっとぉ~!」

ff14_20161019_16745.jpg

レイナ 「なんかユウヤ優しくないよ~?」
レイナ 「もしかして、妬いてるとか?」

ユウヤ 「別に・・・」

ff14_20161019_16749.jpg

レイナ 「怒ってるんでしょ?ハヤトくんにアタシが取られると思って~」

ユウヤ 「・・・・そうだよ」

レイナ 「えっ?」

ff14_20161019_16750.jpg

ユウヤ 「だって、前から言ってるだろ?」
ユウヤ 「オレ、オマエのコト好きだって」

ff14_20161019_16753.jpg

ユウヤ 「他の男とつきあう、どうこう言われて、妬かないワケないじゃん」
ユウヤ 「怒らないワケないだろ~がっ!」

ff14_20161019_16752.jpg

レイナ 「ユウヤ・・・・・・・」

ff14_20161019_16756.jpg

ユウヤ 「ごめん・・・・」

ff14_20161019_16759.jpg

ユウヤ 「言い過ぎた・・・ごめん・・・」

ff14_20161019_16758.jpg

ユウヤ 「レイナの好きにしろよ・・・」

ff14_20161019_16744.jpg

レイナ 「・・・・・・・」

パタン。





ff14_20161019_16761.jpg

傍子  「あ~ら、レイナちゃん・・・どうしたの?」

ff14_20161019_16764.jpg

レイナ 「傍子ぉぉ~・・・」
レイナ 「ねぇ、傍子ぉぉぉ~・・・・・」

ff14_20161019_16763.jpg

レイナ 「アタシ、どうしたらいいと思う~?」

ff14_20161019_16768.jpg

レイナ 「どうしよ~~・・・」

ff14_20161019_16769.jpg







ff14_20161019_16770.jpg

傍子 「ふぅ~ん、そういうことがあったの~」

レイナ 「で、どうすればいい?」

ff14_20161019_16775.jpg

傍子   「どうすればいい~?って自分で考えなさいよ」

レイナ 「え~?傍子、やさしくな~い」

ff14_20161019_16772.jpg

傍子  「レイナ、たまには自分で考えてみなさいよ~」
傍子 「いっつもアナタ、『ユウヤ、ユウヤ』って」
傍子 「ユウヤに甘えてばかりだったでしょ?」
傍子  「ユウヤの気持ち考えたことがあるの?」

ff14_20161019_16771.jpg

レイナ 「え・・・?」

傍子  「ユウヤはね、アナタのことが大好きなの」
傍子  「だから、そばにいてくれた。その気持ちわかるかしら?」

傍子 「アナタの気持ちはそのハヤトくんっていう子の方にあるのかしら?」
傍子 「それとも、違う誰かの方にあるのかしら?」

傍子 「・・・まぁ、あとは自分で考えなさ~い」

ff14_20161019_16776.jpg

傍子 「私は仕事に行って来るから~ネ」




・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

──オアシス・スプリングス スナック傍子──

ff14_20161012_16335_20161024104019ff6.jpg

傍子  「お父さん、たいしたことがなくて良かったわねぇ」

ff14_20161019_16809.jpg

ヒトシ 「まぁな」
ヒトシ 「あんなにピンピンしてるなら、別に急いで帰らなくても良かったな」

ff14_20161019_16811.jpg

傍子  「たまには実家に顔を出しなさいってことなのよ」

ヒトシ 「確かにそれはあるかもな」

ff14_20161019_16812.jpg

傍子  「・・・・もうあれから3度目の冬が来るわね」
傍子  「アナタとミキちゃんが出会ってから」

ヒトシ 「ああ・・・」

ff14_20161019_16790.jpg

傍子 「そろそろ、自分の気持ちに素直になったら?」

ff14_20161019_16816.jpg

ヒトシ 「何に?」

ff14_20161019_16817.jpg

傍子  「誤魔化しても駄目よ」
傍子  「アナタのその堅い脳みそに言ってやるわ」

ff14_20161019_16818.jpg

傍子 「そろそろ自分の幸せを考えなさい」

ff14_20161019_16815.jpg

傍子 「いつまでも相手は待っててくれないわよ」
傍子 「カワイイ歌姫にはいろんな男が寄ってくるんだからね」

ff14_20161019_16820.jpg

ヒトシ 「あぁ、わかってる」

傍子 「まぁ、こんなオッサンだからフラれる可能性もあるけれど」

ヒトシ 「なんだよ、ソレ。あげてんのか?落としてんのか?」

ff14_20161019_16791.jpg

傍子 「フラレたら私が相手してあげるわよ♥」

ヒトシ 「オカマはいらないって言ってるだろ?」

傍子 「オカマじゃなくて、ニューハーフだって何度も言ってるだろ?」

ヒトシ 「急に素に戻るなよ、サクヨシ」

傍子 「本名は言うなって前に言っただろ!」




・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ピンポーン。

ff14_20161020_16829.jpg

ルリ子 「あら・・・?」
ルリ子 「一体何の用なのかしら?」

ff14_20161020_16833.jpg

ルリ子 「貴方が来るなんて」
ルリ子 「ここは貴方が来る場所ではないんじゃないかしら?」

ff14_20161020_16830.jpg

ヒトシ 「ミキの話だ」

ルリ子 「そう・・・大体は見当がつくわ」

ff14_20161020_16831.jpg




明日はきっと新しいの日常。



| way of my attitude (Sims4の話)(終) | 10:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT